使用承諾書について

風俗営業許可申請において重要な書類のひとつが使用承諾書です。ちなみに無店舗型性風俗営業の申請でも添付が必須ですが、深夜酒類提供営業届では申請時の添付は必須ではありません。使用承諾書は店舗の所有者からその店舗の使用内容について、 承諾を得ていることの証明となる書類ですので基本的には店舗所有者から1枚もらえば済むはなしなのですが、その店舗の賃貸契約がサブリースの形式になっている場合はかなり面倒なことになります。サブリースとは所有者(貸主)と自分(借主)との間に もう一人介入して契約しているので、形としては又貸しの契約になり、こうなってしまうと使用承諾書は1枚で済まなくなります。
仮に、店舗所有者を(所有者)、間の人を(転貸人)、自分を(転借人)とします。まず、所有者と転貸人からそれぞれ自分に対しての使用承諾書をもらいます、そして所有者から転貸人に対しての転貸承諾書をもらわなければなりません。 無店舗型性風俗営業で事務所と待機所で別々に借りている場合は、それぞれで必要となりますのでかなりの枚数になることもあります。
加えて、使用承諾書に署名押印をもらう所有者についても注意が必要です。申請の際には建物の登記簿も併せて添付しますが、建物(店舗物件)が複数人で共同所有している場合がありますので、その場合は所有者全員から使用承諾書を もらわなければなりません。また、登記簿上においてその建物が差押えをうけている場合は別途対応が必要となりますので、申請の際は建物登記簿にも注意をしておかなければなりません。

お問合せバナー
バーのイラスト