風営許可と深夜営業はどちらを取ればいい?

目安となるのは、接待の有無と営業時間です。スナック・キャバクラなどのように、お客に対してお酌をする、隣で談笑する、カラオケでデュエットするなどの行為は接待に当たりますので、 風営許可を取得しなければなりません。また、営業時間は深夜12時までとなります。
居酒屋、バーなどのようにお酒の提供をメインとするお店で、かつ、深夜12以降も営業する場合は、深酒営業届が必要となります。当然、接待はなしです。
ただし、スナックやラウンジの場合でも接待がないお店であれば許可が不要だったり、または深夜営業届で足りる場合がありますので、サービスの形態については事前に警察または行政書士に相談して適切な許可を取得するようにしましょう。

接待とは?

  • 継続してお客の談笑相手になったりお酒等の飲食物を提供(お酌など)したりする行為。
  • 客室内においてダンス、ショー等を見せたり聞かせたりする行為。
  • お客にカラオケを勧めたり、若しくはお客の歌に拍手を送り又は一緒に歌う等の行為。
  • お客と一緒に遊技、ゲーム、競技等を行う行為。
  • お客と身体を密着させる、手を握る、身体に接触する、お客の口元まで食事を運び飲食させる等の行為。
バーのイラスト