許可の名義変更はできる?

風俗営業許可証の名義人を変更することはできません。また、深夜営業届についても名義人の変更はできません。お店の譲渡などで許可証の名義人を変更したい場合は、新しい営業者は新規の申請をして新たに許可を取得しなければなりません。

営業を継続しながら営業者をうまく変更するには

次の営業者となる者については残念ながら新しい許可が下りるまで営業はできませんが、前営業者からお店を引き継ぐ場合などは、うまく手続きを行うことで営業を中断する期間を短くすることが可能となります。
前営業者が営業を継続している間に次の営業者となる者が許可申請を行うことで前営業者は次の許可申請の審査をしている少しの間営業を継続することができるのです。
厳密には次の許可申請の実地調査の前日まで前営業者は営業を継続することが可能です。ただし、都道府県によりこのあたりの取扱いに違いがあるため事前に所轄の警察に確認したほうがよいでしょう。

法人成りの場合は営業を継続できる

個人名義から法人成りの名義変更については、営業を中断することなく営業を継続することができます。当然、元の名義人がその法人の役員になる場合に限られます。
風俗営業許可は個人(法人)に与えられる許可なため、名義人が店からいなくなった場合は許可が消滅してしまいますが、法人名義にすることで代表者の変更は自由となるため、法人名義で許可を取得することはその点も大きなメリットといえるでしょう。

お問合せバナー
バーのイラスト