お店の内装のルールは?

風俗営業許可を取得するためには場所的要件の他にも店舗の構造的要件もクリアしなければなりません。
構造的要件では、床面積・店舗内の設備・店舗内の明るさなど細かく基準がありますのでこれらを確認せず内装工事を行ってしまうと、申請後の実地調査の際に指摘を受けてしまいお店の開店時期に影響が出てしまう可能性があります。
特に高さ制限については注意が必要で、客室内で1mを超える棚やパーテーションは実査の際に指摘を受ける可能性が高いので注意が必要です。ちなみに、テーブルやイス(背もたれの上部)も高さが1mを超えてはいけませんのでご注意ください。

スナック・キャバクラの店内構造要件

  • 和風の客室では1室の床面積が9.5㎡以上、 洋風の客室その他の客室では1室の床面積が16.5㎡以上であること。ただし、客室の数が1室の場合は除く。
  • 入口や窓から店内が見えないこと。
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備(1m以上の設備)がないこと。
  • 善良の風俗又は風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾、その他の設備がないこと。
  • 客室の出入り口に施錠の設備を設置しないこと。ただし、店舗外への出入り口は除く。
  • 店内の照度が5ルクス以下でないこと。
  • 騒音又は振動の数値が、条例で定める数値以下になるよう維持できる防音防振設備があること。
お問合せバナー
バーのイラスト