飲食店営業許可に必要な要件及び書類

食店営業とは(一般食堂、料理店、すし屋、そば屋、旅館、仕出し屋、弁当屋、レストラン、カフェ、バー、キャバレーその他食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる営業)をいい、取得するためにはその店舗の地域を管轄する保健所に飲食店営業許可を申請して許可をもらわなければなりません。そしてその店舗が施設基準を満たしていれば営業許可が発行されることになります。

営業許可が必要な業種

以下の業種を始める場合、保健所に申請して許可をもらわなければなりません。

分類 許可業種
調理業 飲食店営業、喫茶店営業
製造業 菓子製造業、あん類製造業、アイスクリーム類製造業、乳製品製造業、食肉製品製造業、魚肉ねり製品製造業、清涼飲料水製造業、乳酸菌飲料製造業、氷雪製造業、食用油脂製造業、マーガリン又はショートニング製造業、 みそ製造業、醤油製造業、ソース類製造業、酒類製造業、豆腐製造業、納豆製造業、めん類製造業、そうざい製造業、かん詰又はびん詰食品製造業、添加物製造業
処理業 乳処理業、特別牛乳さく取処理業、集乳業、食肉処理業、食品の冷凍又は冷蔵業、食品の放射線照射業
販売業 乳類販売業、食肉販売業、魚介類販売業、魚介類せり売営業、氷雪販売業

必要な書類

  • 営業許可申請書
  • 営業設備の大要
  • 店舗付近地図
  • 店舗平面図
  • 許可申請手数料
  • 水質検査成績書(水道水以外の場合)
  • 食品衛生責任者の資格を証明するもの(調理師免許証、食品衛生責任者手帳等)
  • 誓約書(食品衛生責任者の資格がない場合、講習を受講することを約す誓約書)
  • 登記事項証明書(法人の場合)

設備基準

  • シンク(流し)が2槽以上あること。
  • 調理場が仕切られていること(調理場の出入口にドアがある)。
  • 給湯設備がある(お湯が出る)こと。
  • トイレに手洗い場があり、消毒液があること。
  • 調理場と冷蔵庫に温度計があること。
  • 調理場に手洗場(L5以上のサイズ)があり、消毒液があること。
  • 食器棚に扉が付いていること。
お問合せバナー
メールバナー
バーのイラスト