風俗営業許可に必要な3つの要件

風俗営業許可を取得するためには「人的要件」、「地域的要件」、「店舗の構造的要件」を満たしていなければなりません。

人的要件

風俗営業許可を取得するためには、事業主、管理者、法人の場合はその役員が次の全ての事由に該当していない必要があります。

  • 成年被後見人もしくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの。
  • 1年以上の懲役もしくは禁錮の刑に処せられ、又は無許可風俗営業、刑法・売春防止法・児童福祉法等の法律に違反して1年未満の懲役もしくは罰金の刑に処せられて、その執行を終わり、又は執行をうけることがなくなった日から起算して5年を経過しないもの。
  • 集団的に、又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれのある者。
  • アルコール・麻薬・大麻・アヘン又は覚せい剤の中毒者。
  • 風俗営業の許可を取り消されて5年を経過していない者。
  • 営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者。
  • 法人の役員のうち上記の1から5のいずれかに該当する者。

地域的要件

営業できる地域
  • 商業地域
  • 近隣商業地域
  • 準工業地域
  • 工業地域
  • 工業専用地域
  • その他用途が指定されていない地域
営業できない地域
  • 第1種低層住居専用地域
  • 第2種低層住居専用地域
  • 第1種中高層住居専用地域
  • 第2種中高層住居専用地域
  • 第1種住居地域
  • 第2種住居地域
  • 準住居地域
用途地域 保全対象施設(施設からの距離 10m 20m 50m 100m
近隣商業地域 ・学校(大学除く)
・図書館
・児童福祉施設(助産施設除く)
・大学
・病院(第一種助産施設含む)
・診療所(8床以上ある施設)
・第二種助産施設
・診療所(7床以下の施設)
商業地域 ・学校(大学除く)
・図書館
・児童福祉施設(助産施設除く)
・大学
・病院(第一種助産施設含む)
・診療所(8床以上ある施設)
・第二種助産施設
・診療所(7床以下の施設)
その他の地域 ・学校(大学含む)
・図書館
・児童福祉施設
・病院
・診療所(入院設備がある施設)

店舗の構造的要件

風俗営業許可を取得するためには、営業の種類に応じて、店舗内の床面積、照明の明るさ、室内の見通し、騒音や振動など許可の基準を満たしている必要があります。

1号営業 « スナック・キャバクラ »

  • 和風の客室では1室の床面積が9.5㎡以上、 洋風の客室その他の客室では1室の床面積が16.5㎡以上であること。ただし、客室の数が1室の場合は除く。
  • 客室の内部が店舗外から容易に見通すことができないこと。
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備がないこと。
  • 善良の風俗又は風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾、その他の設備がないこと。
  • 客室の出入り口に施錠の設備を設置しないこと。ただし、店舗外への出入り口は除く。
  • 店内の照度が5ルクス以下でないこと。
  • 騒音又は振動の数値が、条例で定める数値以下になるよう維持できる防音防振設備があること。

2号営業 « 低照度飲食店»

  • 客室の1室の面積は5㎡以上であること。
  • 客室の内部が店舗外から容易に見通すことができないこと。
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備がないこと。
  • 善良の風俗又は風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾、その他の設備がないこと。
  • 客室の出入り口に施錠の設備を設置しないこと。ただし、店舗外への出入り口は除く。
  • 店内の照度が5ルクス以下でないこと。
  • 騒音又は振動の数値が、条例で定める数値以下になるよう維持できる防音防振設備があること。

3号営業 « 区画席飲食店 »

  • 客室の内部が店舗外から容易に見通すことができないこと。
  • 善良の風俗又は風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾、その他の設備がないこと。
  • 客室の出入り口に施錠の設備を設置しないこと。ただし、店舗外への出入り口は除く。
  • 店内の照度が10ルクス以下でないこと。
  • 騒音又は振動の数値が、条例で定める数値以下になるよう維持できる防音防振設備があること。

4号営業 « パチンコ店・麻雀店 »

  • 客室の内部に見通しを妨げる設備がないこと。
  • 善良の風俗又は風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾、その他の設備がないこと。
  • 客室の出入り口に施錠の設備を設置しないこと。ただし、店舗外への出入り口は除く。
  • 店内の照度が10ルクス以下でないこと。
  • 騒音又は振動の数値が、条例で定める数値以下になるよう維持できる防音防振設備があること。
  • ぱちんこ屋及び令第八条に規定する営業にあつては、当該営業の用に供する遊技機以外の遊技設備を設けないこと。
  • ぱちんこ屋及び令第十五条に規定する営業にあつては、営業所内の客の見やすい場所に賞品を提供する設備を設けること。

5号営業 « ゲームセンター»

  • 客室の内部に見通しを妨げる設備がないこと。
  • 善良の風俗又は風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾、その他の設備がないこと。
  • 客室の出入り口に施錠の設備を設置しないこと。ただし、店舗外への出入り口は除く。
  • 店内の照度が10ルクス以下でないこと。
  • 騒音又は振動の数値が、条例で定める数値以下になるよう維持できる防音防振設備があること。
  • 遊技料金として紙幣を挿入することができる装置を有する遊技設備又は客に現金若しくは有価証券を提供するための装置を有する遊技設備を設けないこと。
お問合せバナー
メールバナー
バーのイラスト