風俗営業の種類

風俗営業は大きく分けると1号~3号までの接待飲食等営業と4号、5号の遊技場営業に分かれます。1号~3号までの営業については営業の形態により許容される営業内容に違いがありますので、実際何号に該当するかご不明な場合お気軽にご相談ください。

接待飲食等営業 1号営業 待合、料理店、料亭等

キャバクラ・スナック・ホストクラブ等
設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業

客にダンスさせ、かつ、客の接待をして客に飲食させる営業
2号営業 低照度飲食店 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、客席における照度を10ルクス以下として営むもの
3号営業 区画席飲食店 喫茶店、バー、その他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けて営むもの
遊技場営業 4号営業 マージャン店、パチンコ店等 マージャン店、パチンコ店その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業
5号営業 ゲームセンター等 スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるものを備える設備その他これに類する区画された施設において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業
特定遊興飲食店営業 ダンス系クラブ、ライブハウス、ショーパブ 深夜に客に遊興(ダンス含む)をさせ、かつ、客に酒類の提供をを伴う飲食をさせる営業。
お問合せバナー
メールバナー
バーのイラスト