2018年10月22日加筆
平成30年9月21日に警察庁からの通達によりデジタルダーツの設置基準に変更があり、いくつかのルールを守りさえすればバーなどに置けるデジタルダーツの設置面積に制限がなくなるようです。これでこれまでの10%ルールを気にすることなくダーツを設置することができます。当然「いくつかのルール」を守ることが前提となります。

遊技機設置の10%ルール

風俗営業許可では、射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるものを設置して客に遊技させる営業については許可が必要とされています。
ここで注意が必要なのは、遊技機を設置しているけどメインの営業は飲食業だったり小売業の場合でもその店舗内に遊技機を設置している場合は風俗営業許可が必要となっていることです。 要するにどんなお店であれ店舗内に遊技機を設置している場合は基本的に風俗営業許可が必要であるということです。
ですが、風営法の運用上、先の例のようにメインの営業は別にあり店舗の一角にゲーム機を置いているだけのような場合には法的規制の必要性が少ないことから一定の条件に該当する場合は許可を要しないことになっています。 その内容については以下に記載していきたいと思います。

床面積の計算方法

先に説明した許可の必要ない場合についてですが、店舗内の客室の床面積に対してお客が遊技機の遊技に使用する床面積が10%以下であれが許可は必要ありませんというものです。
もう少し詳しく記載しますが、まず客室の床面積とはこれは店舗内の総面積ではなく、例えば飲食店であればお客が飲食に使用するスペースの床面積のことになりますので、当然キッチンやトイレなどの床面積は除いたものになります。
次に、遊技機の床面積についてですが、風営許可解釈運用基準の中で「遊技設備の直接占める面積のおおむね3倍として計算」するということになっていますので、実際には遊技機の設置面積の3倍を床面積として計算することになります。
格闘ゲームやスロットマシンのような座って遊技する遊技機の場合は計算も単純ですが、注意が必要なのはダーツ機などの場合は基本的にダーツ機本体から離れてダーツを投矢することになりますので このような場合には投矢スペースまでを含めて全体の10%以下とならなければなりません。

10%ルール

10%を超えたらどうなるの?

10%を超えて設置するとゲームセンターの扱いになります。なので5号許可が必要となり、営業も深夜12時までしかできません。

お問合せバナー
バーのイラスト