深夜12時を過ぎてのカラオケやダーツは?

スナックやバーでのカラオケやダーツは、風営法では遊興行為となります。そして風営法上、遊興行為は深夜12時以降はできないことになっていますが、この遊興は「させる」と「する」で解釈に違いが あるので以下を参考にしてみてください。※ただし、管轄の警察署によっても解釈に違いがありますので、指導を受けた際は警察の指示に従うようにしましょう。

 深夜12時以降もOK

  • 店員が勧めるのではなく、お客が自分からカラオケを歌い、店員は手拍子などはしない
  • お客同士だけでダーツをする
  • お店でスポーツ等の映像を単にお客に見せるだけの行為

 深夜12時以降はNG

  • カラオケやダーツの大会を開催する
  • クラブなどでのダンス
  • お客にダンス、ショー、マジックなどを見せる
  • 店員がお客にカラオケを勧め、手拍子などをする行為
  • お店でお客にスポーツ等の映像を見せると共に、積極的に応援に参加させる行為
お問合せバナー
バーのイラスト