風営許可の相続

風営許可は、個人で取得されている場合はその申請者が亡くなった後に、その亡くなった申請者の相続人がお店の許可を相続することが可能となっていています。 その場合は、申請者が亡くなった後60日以内に都道府県の公安委員会へ相続承認申請を提出する必要があります。
相続人については民法に規定する相続人に当たらないかぎりは相続人と認められません。 また、相続人が複数人いる場合には、被相続人の遺言の有無等にかかわらず、申請人以外の相続人全ての同意書を相続承認書に添付する必要があります。
もし、相続人が許可を相続せずに他の人がお店を引き継ぐ場合は、新たに許可を取得しなければなりません。ですが、現在のお店の場所が規制地域内となってしまった場合は新規の許可は下りませんのでご注意ください。

必要書類

  • 相続承認申請書
  • 申請者の住民票
  • 誓約書
  • 登記されていないことの証明書
  • 身分証明書(役所にて発行されるもの)
  • 申請者との続柄が確認できる証明書(戸籍謄本など)
  • 他の相続人の氏名および住所を記載した書面
  • 他の相続人の同意書
お問合せバナー
メールバナー
バーのイラスト