消防設備の点検報告義務

点検及び報告の義務(消防法17条3の3)

消防法により、設置が義務付けられている消防設備については、その関係者がその消防設備について定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告する義務があります。 尚、キャバクラやスナック等の施設については年に1回消防設備の点検報告義務がありますが、その延べ面積が1000㎡以上の場合は、消防設備士又は消防設備点検資格者が点検を行わなければなりません。延べ面積1000㎡以下についてはその施設の関係者が行うこともできますが、 なるべく有資格者にさせるのが望ましいとされています。

消防設備の点検項目概要

  • 設置状況
  • 消火器の外形
  • 消火器の内部および機能
  • 消火器の耐圧性能

罰則

消防法により定められた点検報告をせず、又は虚偽の報告をした場合、30万以下の罰金又は拘留処分となります。

お問合せバナー
バーのイラスト