風営許可と深夜営業は両方取れるの?

過去に事例としてはありますが、実際には両方同時に取得はできないのが通例です。
問題点は接待の有無と、営業時間です。風営許可では接待はアリで営業は深夜12時までです。深夜営業では、接待はナシで深夜12時以降の営業も可能です。この二つの許可を同時に取って営業すると当然、法律上の矛盾が生じることになります。
仮に同じ店舗で二つの許可を取得する場合の例としては、昼の営業と深夜の営業で別のお店として営業することが考えられます。昼から深夜12時またはそれ以前の時間を境に別のお店として営業するのであれば 両方の許可を取得することも可能かもしれません。ただし、その事実を証明するための資料の提出を求められますので、かなり多くの時間と労力を必要とすることになるでしょう。

お問合せバナー
バーのイラスト