デリヘル営業許可

デリヘルの開業申請は営業開始の10日前までに管轄の警察署へ提出することになっています。
スナックやキャバクラの営業に必要な風営許可の申請に比べるとやさしめなので自分で申請することも可能ですが、 警察の審査は厳しくて有名なので自分で申請される方はそれなりに覚悟が必要となります。警察に何度も行きたくないし、開業に必要な要件を一から調べるのも面倒という方はぜひ当事務所をご利用ください。

デリヘル許可料金

デリヘル許可申請に必要な書類及びその他

  • 無店舗型性風俗特殊営業営業開始届出書
  • 営業の方法を記載した書面
  • 事務所及び待機所の賃貸借契約書の写し
  • 事務所及び待機所の使用承諾書
  • 事務所及び待機所建物の登記簿
  • 事務所及び待機所の平面図
  • 定款の写し(法人)
  • 会社登記簿(法人)
  • 住民票(法人は役員分、本籍記載)
  • ホームページのURL(HPを用意する場合)
  • 電話番号
  • HP上でお客とやり取りする場合は、eメールアドレス

デリヘル申請Q&A

 

警察の実地調査はあるの?

営業開始前の事務所調査はありませんが、開業後に前触れなく事務所調査を行う場合があります。

 

待機所は必ず必要なの?

待機所は必ず設置しなければならないものではありませんが、設置する場合は必ず届出なければなりません。また、事務所内に設置することも可能ですが、その場合は事務所スペースと待機所の間を パーテーションなどで区切る必要があります。

 

事務所はどこでもいい?

風俗営業許可申請のときのような用途地域による制限はありませんので、基本的にはどこの場所でも設置は可能です。

 

使用承諾書は必ず必要?

事務所の建物が自分名義以外であれば、例え自分の親の名義であっても使用承諾書は必要となります。また、事務所と待機所の建物の所有者が違う場合には、所有者それぞれから使用承諾書をもらう必要があります。
補足①、建物の所有者が複数人いる場合(それぞれ持ち分がある)は全員から使用承諾書をもらう必要があります。補足②、建物の所有者が法人の場合は、会社名と代表取締役名を併記する必要があります。

 

受付所は設置できる?

埼玉県内で受付所を設けた営業をする場合は、さいたま市と川口市の一部地域でしか営業することができません。また、受付所での営業は深夜12時~朝6時までの間はできません。

 

いつから営業できるの?

申請後、10日程で営業を開始できます。

 

営業時間は?

営業時間の制限はありませんので、24時間営業が可能です。

 

店名は幾つまで増やせるの?

デリヘルの開業届の申請書には店名を記載する欄が4つありますが、登録できる店名の数に制限はありません。最初の申請時に4つ以上店名を登録したい場合は、別紙にて記載すればOKです。 ただし、URL、電話番号などは店名ごとに必要なので、事前にすべての店名の分を取得しておく必要があります。また、後になって店名を増やしたい場合は、変更届を提出することで店名を増やすことが可能となります。

お問合せバナー
バーのイラスト