店で使用するカーテンやじゅうたんにはご注意!

 防災対象物品

スナックやキャバクラなどの店内に使用するカーテン、じゅうたん、布製の設備については、消防法の基準に合格した防災表示のあるものを使用しなければなりません。
スナックやキャバクラなど新規で営業する際には、消防署へ防火対象物使用開始届を提出しなければなりませんが、申請後にはかなりの確率で消防署による店内の実地調査が行われることになります。 その実地調査の際にはカーテン、じゅうたん、そのほか布製の設備については必ず防炎加工の物か確認され、防炎加工がされてない製品については防炎加工されている物へ交換するよう求められます。 ただ、すぐに交換しないからといって営業できなくなることはありませんが、後日、改修計画書を提出しなければなりません。
防炎対策されているかの確認方法は、製品に縫い付けられているラベルで確認ができます。ラベルに赤文字で「防炎」と記載されていればOKです。ちなみに、通常のカーテンを業者に頼んで防炎加工してもらうことも可能ですが、 それなりの費用がかかります。また、自分で防炎スプレーなどで加工しても認めてもらえませんのでご注意ください。

防炎ラベル
お問合せバナー
バーのイラスト